カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
ランカスター・エステート アレキサンダーヴァレー カベルネ・ソーヴィニヨン 2002
14,300円(内税)
購入数

ランカスター・エステート アレキサンダーヴァレー カベルネ・ソーヴィニヨン 2002
14,300円(内税)
生産地  :アメリカ カリフォルニア アレキサンダー・ヴァレー 
生産者  :ランカスター・エステート
収穫年度 :2002
品種   :カベルネ・ソーヴィニヨン主体、メルロー、マルベック カベルネフラン プティ・ヴェルドーなど
容量   :750ml
タイプ  :赤


<ワイナリー情報>
ワイン
自社畑のブドウを100%使用、ボトル詰めまで全て自社の設備で丹精こめて行った2007年のランカスターはダーク・ストーン・フルーツやブラックベリーの濃厚なアロマにホワイトペッパーやチョコレート・パウダーのようなアロマが重なります。レッドプラムやバラの花びらのようなアロマも感じられるでしょう。心地よい洗練されたテクスチャーのタンニン、幾層にも重なるような複雑な味わいが土っぽさ、丸みのあるトースト香がある長い余韻へと続きます。フレンチオークを使って28ヶ月熟成、ワインそのものの味わいを純粋に味わっていただけるようノンフィルター、清澄なしでボトル詰めをしました。


ランカスターの歴史
現オーナーのテッド・シンプキンス氏はもともとサンディエゴでビジネスをしていましたが、長年の夢であったワイナリー経営に乗り出し、1995年にランカスター・エステート・ワイナリーを設立しました。以前の所有者がブドウを植えたのは、80年代初頭で、他のワイナリーに果実を売る他、Maacama Creekのブランド名で少量が販売されていました。そのころよりこの畑で収穫される果実の品質の高さは定評がありました。テッド・シンプキンス氏の指揮のもと、当初20エーカーほどだったブドウ畑は70エーカーを越える広さに拡張されています。すべてのブドウの樹は改良されたヴァラエタル・クローン、台木に植え替えられました。また、個々のクローン、土壌に合うように計算された間隔をとり、ブドウのつるを這わせるよう特殊な垣根を組んでいます。ワイナリーに隣接した本格的で美しいカーブがあり、中では樽詰めされたワインがゆっくりと熟成しながら貯蔵されています。現在、ビジターを受け入れ、試飲してもらうためのテースティング・ルームもあり、人気ワイナリーツアー・トップ10にも選ばれています。シカゴの品評会で初リリース時からオーパス・ワンと比較され、その品質の高さはアメリカ国内ではすでに定評があります。今後ますますワイナリーの規模の拡大とともに国内のみならず国際的な知名度も上昇中の注目のワイナリーです。2004年ヴィンテージからは、長年ランカスターでアシスタントワインメーカーとして活躍してきたジェニファー・ヒギンズ女史がヘッドワインメーカーとなりワインの評価がさらに高まっています。

ランカスターのワイン哲学
ランカスターブランドのワインは自社畑で収穫されたブドウのみを使用した赤ワイン、ランカスター・リザーブの一種類だけです。このワインはボルドースタイルにこだわり、現在はカベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルローの三種類のブレンドでつくられています。 この三種類のブレンド比率はその年の気候、収穫状況により毎年変わります。今後はすでに植えてあるマルベック、プティ・ヴェルドーの成長を待って少量ずつ混ぜる予定です。
【ヴィンヤード】
ソノマ郡のアレキサンダー・ヴァレーにあるヒルスバーグの町の外れを通るチョークヒルロード沿いに70エーカーほどの自社畑があります。気候的に冷涼なアレキサンダー・ヴァレーの南端に位置しています。それは、ちょうどカベルネで有名なシミ ワイナリーのカベルネ畑の南、西はフェラーリカラノ、北はストーンストリート、チョークヒルヴィンヤードに囲まれたブドウの育成に最適の場所にあるといえます。いくつかの異なる土壌があり、軽めの粘土質のローム層から砂を多く含んだもの、砂利の多い地層と多岐にわたっております。これらのすべての土壌に共通する点はたいへん水の流れがよく水はけがよいということです。その結果、ここで育ったブドウは密度の濃いフルーツの香りがつまった小さな果実をつけることができるのです。

ヴィンヤード
ソノマ郡のアレキサンダー・ヴァレーにあるヒルスバーグの町の外れを通るチョークヒルロード沿いに70エーカーほどの自社畑があります。気候的に冷涼なアレキサンダー・ヴァレーの南端に位置しています。それは、ちょうどカベルネで有名なシミ ワイナリーのカベルネ畑の南、西はフェラーリカラノ、北はストーンストリート、チョークヒルヴィンヤードに囲まれたブドウの育成に最適の場所にあるといえます。いくつかの異なる土壌があり、軽めの粘土質のローム層から砂を多く含んだもの、砂利の多い地層と多岐にわたっております。これらのすべての土壌に共通する点はたいへん水の流れがよく水はけがよいということです。その結果、ここで育ったブドウは密度の濃いフルーツの香りがつまった小さな果実をつけることができるのです。
この商品を購入する