長期の熟成期間を経て、円熟した味わいが楽しめる、カリフォルニアのソノマ・カウンティ、ロシアン・リヴァー・ヴァレーのピノ・ノワールをご紹介しています。



ー ソノマ・カウンティ
ソノマ・カウンティは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ湾岸の北部太平洋沿岸に位置しています。サンフランシスコ市街から車で北へ約1時間の距離にあり、ワインの生産地として世界的にも有名なエリアです。

話は反れますが、ソノマカウンティの中心にある町、サンタローザは世界一有名な犬、スヌーピーのホームタウンです、ご存知でしょうか。

空港から始まり、町のあちこでスヌーピーやビーナッツの仲間たちに出会えるサンタローザは、スヌーピーファンには夢のような観光地!スヌーピーファンでない人もサンタローザ観光後はファンになってしまうかもしれません。

ソノマはナパヴァレーと並ぶ銘醸地ですが、内陸にあるナパ・ヴァレーよりも霧が発生しやすく、冷涼な気候のため、濃厚でパワフルなナパ・ヴァレーのワインに比べ、エレガントで繊細な味わいのワインが多く造られます。特に、ピノ・ノワールやシャルドネを中心に年々注目が集まっています。




ー ロシアンリヴァーヴァレー
今回ご紹介しておりますピノ・ノワールは、ソノマの中でもロシアン・リヴァー・ヴァレーのワインとなります。ロシアン・リヴァー・ヴァレーは、西側の太平洋からの影響を受けて冷たい霧が定期的にたちこめ、朝晩は冷涼な気候を持ちながらも日中はしっかりと気温が上がるため、ぶどうにはしっかりとした酸を持った凝縮感のある味わいになり、高品質なシャルドネとピノ・ノワールの銘醸地としても知られています。



ー 熟成について
色々なお酒がある中で、ワインの魅力は熟成させて楽しめる点があげられるのではないでしょうか。 時間だけが生み出せる深い味わいは特別なものです。人は過去に戻ることはできませんが、ワインを通じて時間の流れを楽しむことなら可能です。



ー 記念日やギフト、持ち寄りワイン会に!

記念日やパーティーなど特別な場の1本におすすめ。この機会に是非、熟成ワインの深遠な魅力をお楽しみください。持ち寄りワイン会に持参するワインで難儀したことは在りませんか、古酒は貴重でとても喜ばれます、ぜひ、ご利用ください。

全部で11アイテムほどご紹介しています。

古酒はあまり飲んだことがないのでどれがいいか分からない、プレゼントにしたいけれどどれがよいかしら。20年以上の間の保管状況は? 液面の状況をみたいなど、不明な点はお気軽にご相談・問い合わせ下さい。



問い合わせ → Tel 03-6319-0688 (11:00〜18:00)
mail Konishi1924@jcom.zaq.ne.jp または「問い合わせフォーム」からどうぞ

熟成を経た、カリフォルニアのピノ・ノワール

11商品

  • < 前
  • 次 >
11件 1-11表示
  • <
  • 1
  • >
11件 1-11表示
  • < 前
  • 次 >
ー メリーエドワーズについて



メリー・エドワーズは、カリフォルニア、ソノマカウンティ、ロシアン・リヴァー・ヴァレーにあるワイナリーです。 ワイナリーの創設者である「メリー・エドワーズ女史」は、カリフォルニアのワイン醸造界の特に、ピノ・ノワールにおける伝説的人物 であり、軌跡を残しました。

まだ、ほとんど女性の醸造家が存在しなかった1970年代にワインメーカーとしてのキャリアをスタートさせます。マウント・エデン・ワイナリーで74年からワインメーキングに携わり、マタンザス・クリークを含む複数のワイナリーで働いた後、数十のワイナリーのコンサルタントも務めました。

ビジネスパートナーであり夫のケン・クーパースミス氏とともに自身のワイナリーを設立したのは1997年のことです。リリースしたワインは、多くの批評家から称賛を浴び、ロシアン・リヴァ―・ヴァレーのピノ・ノワールを有名にすることに重要な役割を果たしました。

アメリカ国内はもとより、海外での評価も高く、ワイン・アドヴォケイト、ワイン・スペクテーターなどのワイン評価誌で、ピノ・ノワールは、90点以上の高得点を幾度も獲得しています。

メリーエドワーズ女史は、2004年に米国紙サン・フランシスコ・クロニクルにてワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選出されています。女史の「もう一つの」代表作、ソーヴィニヨン・ブランも2009年のワイン・スペクテータートップ100にて、白ワインとしては第1位の9位を獲得しました。世界で認められる、カリフォルニアを代表する女性醸造家としての地位を確立したのです。

1974年をはじめに、ワインメーカーとして47のヴィンテージを手掛けた後、メリー女史は2020年2月に引退しました。 現在のワイナリーは、シャンパーニュのルイ・ロデレール社の傘下となっています。

生み出されてきたピノ・ノワールは、土地の個性を尊重したスタイルで、ピュアでエレガントかつ、長期熟成に優れたスタイルが魅力です。エイジングを経た現在のワインは、妖艶で複雑、円熟した味わいが楽しめる魅力的な味わいに変化しています。

カテゴリー

グループ

営業日カレンダー

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

モバイルショップ